ICHI-MIRI BLOG

Men's apparel brand 「ICHI-MIRI」


/// SHOWROOM ///
東京都目黒区青葉台1-15-8 2F

/// CONCEPT ///
素材とシルエットに強いこだわりを持つ。
生地は自社工場にて製作したオリジナルのものや、各産地より厳選したものを使用する。
パターンはデザイナー自らが引き1mm以下にこだわりシルエットを作る。
/// 2014S/S STYLING PHOTO ///

/// ICHI-MIRI DEALERS ///

/// ThereThereWebShop ///

/// こちらのブログからもお気軽にお問い合わせ下さい ///
※メールアドレスが下記に変更になりましたので、ご注意ください。
mail adx86010@ams.odn.ne.jp





<< PRESS情報 | main | HAPPY NEW YEAR 2011 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ICHI-MIRI P-COAT & HIGHNECK DUFFLECOAT
本格的にコートを着用できる季節になってきたので、ICHI-MIRI冬の目玉アイテム、Pコートとダッフルコートを再度ご紹介いたします。





今回は素材面を中心に、解説させていただきます。

ICHI-MIRIで開発した「鬼圧縮ヘビーメルトン」を使用。
毎シーズン微調節を加えながら展開して来た、ICHI-MIRIの看板素材になります。
デザイナーの、「ミルスペックで使用されるヘビーメルトンを再現したい。」というところから開発は始まり、職人と何度も打合せを重ねました。
愛知県は一宮で製作しているこちらの素材は、組織としては、リバーシブルという組織になっており、2重織りの一種です。
簡単に言ってしまえば、2枚の生地がくっついて1枚になっているもので、織り上げるのにも2倍の時間を要します。メルトンですのでそれをさらに圧縮加工で仕上げます。
ですのでICHI-MIRIの場合は2枚の生地が圧縮されて1枚になっています。
なぜ鬼ですか?と良く聞かれるのですが、限界まで圧縮させたものという意味を込めてです。
当時、繊維業界で、鬼度詰めなど、最上級=鬼という言葉を使った生地が良く展開されており、うちの場合は、限界まで圧縮されたメルトンという意味で鬼圧縮というネーミングにしました。






仕上った素材は、本物のミルスペックを越えたと思っています。
しっかりした厚みや、丁度良い重量感はありますが、ミルスペックのような、嫌な硬さはありません。
前述にもあるとおり、2重織りですので、防寒性もかなりのものです。
そして自分が着込んだ感想としては、圧縮率が高いので、レザーのように身体に良くなじみます。
触っていただければ、他との違いが良くわかりますので、ぜひ店頭で体感していただきたい素材です。


デザインは、Pコート、ダッフルコートともに、ICHI-MIRIらしいシャープなカッティングのディテールが、唯一無二の存在感を放ちます。
デザイナー自らパターンを引くことで、シルエットもタイトでありながら、絶妙な運動量を兼ね備えたフィッティングになっております。


店舗によりますが、まだ在庫があるショップもあると思いますので、ぜひ店頭でお試しいただければと思います。





IC-T21  Pコート ¥45,150(taxin)
col/グレー、ブラック、ブラウン

下段右
IC-T21-B  Pコート(ボーダー)   ¥45,150(taxin)
col/グレー



IC-T19  ハイネックダッフルコート  ¥48,300(taxin)
col/グレー、ブラック、ブラウン

下段右
IC-T19-B  ハイネックダッフルコート(ボーダー)   ¥48,300(taxin)
col/グレー



/// ICHI-MIRI DEALERS ///




info//
Weave&Company tel 0270-32-9920  fax 0270-32-7925 
mail weaveandcompany@royal.ocn.ne.jp





The wonderful world







| Delivery | 13:34 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 13:34 | - | - |
コメント
JJ様

ご購入誠にありがとうございます。

衿に関してですが、おっしゃるとおり新品の状態では、第一釦を閉じても開けても着用出来るように、衿にあまり癖つけをしておりません。

好みによりアイロンで癖を付けていただければ、ウール生地は癖つけ出来ますので、ぜひお試しください。

コツとしましては、蒸気を出来るだけ生地に含ませてから、押さえつけて、湿気が飛ぶまで抑え続けてください。
アイロンで長時間押さえると、焦げてしまう恐れもありますので、蒸気を含まさせた後は、乾いたタオルなどで、蒸気が飛ぶまで、強めに押さえつけるのが良いかと思います。

ただ、肉感がかなりしっかりしたメルトンですので、紙のようにパキッと折り返るかというと疑問はあります。
しかしある程度は、折り返りますのでお試しください。
理想の雰囲気になれば幸いでございます。

よろしくお願いいたします。
| ICHI-MIRI | 2010/12/16 4:58 PM |
Pコート購入しました。デザイン、サイズ感好きなんですが、1点だけ気になる点が・・・左の襟(2段目)が浮いちゃうんですよね。ここがもっと閉じないかなぁと思ってます。
アイロンとかで押し付けてもダメなのかな。
何か良いアイデアあれば教えてください。
宜しくお願いします。
| JJ | 2010/12/16 4:24 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
google
Google
google コンテンツ
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE